ローディング中

クロニクスのLED商品を買いませんか

クロニクスのLED商品は価格がリーズナブルで、日本製に比べ約30〜40%低価格。

省エネ・長寿命に焦点を当て機能を厳選し、全て2年間の補償付き。

J.カスタルチアのギターはいかがですか

そのすんだ音響と響き、高音の伸びと豊かな低音のバランスが絶妙のギター。

高中音域での音質がきれいで、音の分離が非常によく、古典から現代曲まで幅広いジャンルに適した最高級ギター。

ヘッダートップを表示させるボタン

 
  

Schneider社のプロフィール

ドイツのバード・クロイツナッハで1913年に創立されたシュナイダーグループは、産業用高品質レンズ、写真用レンズ、フィルター、映画慣用映写機、光学付属機器の国際市場でトップの地位にあります。

弊社はこれら多数の商品の中で、「産業用レンズ」に関し国内販売代理店です。

Schneider社の光学は科学的アプリケーション、ロボット工学、マシン・ビジョン、産業点検、ドキュメントスキャン、および郵便の仕分け作業などのためにさまざまな光学を提供します。

データーシート

 
  

レンズ

Xenon Opal レンズ

Xenon Opalレンズ

Xenon-Opal 2.8 / 12は、最小3μmピクセルサイズの1.1インチセンサー用の堅牢なCマウントレンズです。最大主光線角度6°で、このレンズはマイクロレンズ付きセンサーを使用する12メガピクセルカメラで使用できます。

Xenon-Opalレンズは、無限大までのあらゆる種類の産業用途に適合します(0.3〜1.5 mの作動距離で最高の性能を発揮します)。 したがって、このレンズは、3D測定などの要求の厳しいファクトリオートメーションシステムの最初の選択肢です。

堅牢なメカニクスは、ロボットシステムのアームに取り付けられた過酷な環境でも非常に安定した画像を提供します。 400-1000 nm広帯域ARコーティングを装備することにより、このレンズは使用される照明に関してさらに柔軟になります。

Xenon-Topaz レンズ

Xenon-Topaz レンズ

これらのコンパクトで軽量なレンズは、最大12メガピクセルの解像度と、イメージサークル直径1.1インチ、ピクセルサイズ3.0μmまでの最新のCCDおよびCMOSセンサー用に設計されています。

ロック可能なアイリスとピントを備えた頑丈なメカニカルデザインは、振動に強く、過酷な条件下でもセンサ全体で非常に高く均一な画質を保証します。 広帯域コーティングは、400〜1,000nm(VIS + NIR)の範囲をカバーします。

Schneider社のXenon-Topaz(キセノントパーズレンズ)は、1mから無限の作動距離に最適化されており、交通、ハイエンド監視、ロボットビジョン、3D計測、食品加工、マシンビジョンなどの画像アプリケーションに最適です。

1.3"|C-mount|12MP Series

 1.3|C-mount|12MP Series

これらの高解像度高速レンズは、センサー面にマイクロレンズを搭載した最大12メガピクセルの1.3インチセンサーの使用に最適化されています。

特別な光学設計は、センサーの望ましくないシェーディングを防ぎます。 これにより、均質な輝度分布と高い結像性能を組み合わせることがはるかに容易になる。 イメージサークルは、Cマウントレンズの場合、非常に大きくなります。 1.3インチのセンサーでは、短い作動距離で広い範囲カバーします。

レンズは広帯域にコーティングされており、可視域400〜700nmまたは近赤外域700〜1,000nmで使用することができます。

1.3"|C-mount|3~5MP Series

1.3インチ|C-mount|3~5MP Series

これらの高解像度高速レンズは、3〜5メガピクセルの1.3インチセンサーを使用するために最適化されています。イメージサークルはCマウントレンズのサイズにたいして、非常に大きいです。

1.3"センサーでは、比較的短い焦点距離により、短い作動距離で広い範囲をカバーします。レンズはブロードバンドコーティングされており、可視域400〜700 nmまたは近赤外域700〜1,000 nmで使用できます 。

1"|C-mount Series

1インチ|C-mount Serie

最新の1インチCCDとCMOSセンサの感度に合わせて、メガピクセルレンズは広帯域にコーティングされており、400〜700 nmの可視範囲または700〜1,000 nmの近赤外範囲で使用できます。

製造や過酷な条件下でも、ロック可能なフォーカスとアイリス設定機構を備えた堅牢な機械設計により、設定された光学パラメータがそのまま維持された信頼性の高い連続使用が保証されます。

Schneider社のレンズは、交通、医療、ロボットビジョン、3D計測、食品加工、マシンビジョンなどの画像アプリケーションに最適です。

Xenon-Ruby Series

Xenon-Ruby Series

Xenon-Rubyレンズは、現代のイメージセンサの感度に合わせて最大1/1.8 "(9mm)まで最適化されています。これらのレンズは、価格と性能の完璧なトレードオフです。

ロック可能なアイリスとフォーカスを備えた堅牢な機械設計は、振動に強く、センサ全体にわたって極めて高い均一な画質を保証します。 倍率範囲をβ= 0.1から無限までに設定すると、カメラは1/1.8インチのセンサーで4.65μmの画素サイズを解像することができます。広帯域透過率は400〜1,000 nmの範囲です。

Xenon-Rubyは、トラフィック、セキュリティ/監視、品質管理、表面検査、マシンビジョンなどの画像アプリケーションの幅広いアプリケーションに使用できます。

2/3"|C-mount|5 MP Series

2/3インチ|C-mount|5 MP Series

5メガピクセル、アポクロマート補正と広帯域コーティングを備えた2/3 "CMOS / CCDセンサー用の堅牢で汎用性のある産業用レンズのコンパクトなレンズは、広いスペクトル範囲をカバーします。

Cマウントコンパクトシリーズのこれらの高性能レンズは、非常に堅牢で、厳しい周囲条件にも耐え、レンズは工業環境で高い光学画像性能を保持します。 虹彩と焦点の設定と400~1,000 nmの広帯域コーティングは、すべてのレンズに標準であります。

純粋な計測エンジニアリングやマシンビジョンアプリケーションから複雑な医療技術までの範囲で使用できます。

2/3"|C-mount|3-5 MP Series

2/3インチ|C-mount|3-5 MP Series

3メガピクセルの2/3 "CCDとCMOSセンサーの感度に合わせて、400〜1,000 nmのスペクトル範囲(VIS + NIR)で補正され、ブロードバンドコーティングされています。

製造や過酷な条件下でも、ロック可能なフォーカスとアイリス設定機構を備えた堅牢な機械設計により、設定された光学パラメータがそのまま維持された信頼性の高い連続使用が保証されます。

Schneider社のレンズは、交通、ロボットビジョン、3D計測、食品加工、マシンビジョン、その他の画像アプリケーションなどのアプリケーションに最適です。

Fast Lenses Series

Fast Lenses Serie

これらの2/3 "レンズは0.95という非常に高い開口率を備えており、低照度用途に最適です。レンズは400〜700 nmの可視範囲で補正されコーティングされています。

製造や過酷な条件下でも、ロック可能なフォーカスとアイリス設定機構を備えた堅牢な機械設計により、設定された光学パラメータがそのまま維持された信頼性の高い連続使用が保証されます。

Schneider社の高速レンズは、交通、ロボットビジョン、3D計測、食品加工、医療、マシンビジョン、その他の画像アプリケーションなどのアプリケーションに最適です。

Xenon-Emerald Series

Xenon-Emerald Series

多くのカメラメーカーは、高解像度領域とラインスキャンカメラのカメラ/レンズインタフェースとして、FマウントバヨネットまたはV48マウントを使用しています。

Schneider-Kreuznachは、最大29MPセンサーを搭載した大判カメラ用の高解像度キセノン - エメラルドレンズシリーズを使用して,これらの話題に取り組んできました。

イメージサークル径43.2mmの低歪みレンズは、コンパクトで丈夫で、距離と開口をロックすることができます。 クローズアップレンジ(S)とロングレンジ(L)に合わせて設計され、センサ領域全体にわたって均一な画質に最適化されています。

400〜1,000nm広帯域コーティングは、可視および近赤外スペクトルのアプリケーションに適しています。 さまざまな代替マウントにより、マシンビジョン、品質管理、Webインスペクション、その他の画像処理アプリケーションの幅広いアプリケーションに対応できるようになりました。

Xenon-Sapphire Series

Xenon-Sapphire Series

これらの高解像度、高速レンズは、16kピクセルラインスキャンセンサーの使用に最適化されています。 ある種の倍率範囲に対して最適化されたいくつかのレンズタイプがあります。

これらのレンズの高解像度は、センサのピクセルサイズ3.5μmをフルに活用し、最新のセンサ生成の可能性をすべて活用します。 そして、コンパクトで丈夫で、距離や開口にロック可能です。

400〜1000nm広帯域コーティングは、可視および近赤外スペクトルにおける用途に適しています。 Vマウントは、既存の12kレンズ(約5μmのピクセルサイズ)が十分でない広範囲の高解像度アプリケーションのために、所望の方位角位置に容易に設置して回転させることができます。

Xenon-Zirconia Series

Xenon-Zirconia Series

Xenon-Zirconiaレンズを使用するSchneider-Kreuznachは、さまざまなラインスキャンアプリケーションに非常に多彩なツールを提供します。

このレンズファミリは、12k(62.5mm)ラインスキャンセンサで使用するためにピクセルサイズ5μmに最適化されていますが、16k(82mm)ラインでも使用できます。

このレンズの最大開口は、疎な光条件下でレンズを使用することを可能にするXenon-Sapphireレンズファミリーよりもかなり大きい。

最大倍率-2xのXenon-Zirconiaレンズは、照明を結合するためのビームスプリッターでも利用できます。レンズは広帯域にコーティングされており、400〜1,000 nmのスペクトル範囲で使用できます。 Vマウントは、取り付けが容易で、所望の方位角に回転することができます。

Xenon-Zirconiaレンズは、PCB検査、品質管理、FPD検査、ラインスキャン、OLED検査、ウェブ検査、表面検査など、幅広い用途に使用できます。

Xenon-Diamond Series

Xenon-Diamond Series

Schneider-Kreuznachは、-2.6xや-3.5xなどの大倍率用のXenon-Diamondレンズと呼ばれる高度に洗練されたラインスキャンレンズファミリーを提供しています。

画像サイズ62.5 mmのMTF @ 72 lp / mm> 0.40を意味する5μmピクセルサイズ(ピッチ)の12kスキャンラインで使用すると、最高解像度と非常に高い画質に最適化されています。

実際には、Xenon-Diamondレンズは、16mm /5μmピッチのラインをカバーするために82mmの画像サイズにも使用できます。 いつものように、Xenon-Diamondレンズは、コンパクトで丈夫で、距離やアパーチャをロックすることができます。 400〜1000nm広帯域コーティングは、可視および近赤外スペクトルにおける用途に適している。

Vマウントを使用すると、設置と回転が目的の方位角に簡単に行えます。 各倍率には2つのレンズバージョンがあります

ビームスプリッタなし、またはペリクルを使用する1つのレギュラータイプ

BK 7で作られたビームスプリッタプリズムと25 mmの厚さで使用する1つのタイプ

V38-Line Scan Series

V38-Line Scan Series

複雑なウェブ検査と表面検査が関係する場合は、ラインスキャンイメージキャプチャ方法が,たいていの場合、使用されます。使用される原理のために、この方法は、最大限のシステム性能を達成するために、カメラおよび最適に適合したレンズを非常に慎重に選択する必要があります。

センサ画素のサイズは、レンズの必要な光学結像性能を決定します。今日の高性能レンズは、ピクセルサイズがますます小さくなる傾向とセンサ解像度が向上する傾向に追随しなければなりません。これは、典型的には、より大きなアレイサイズをもたらし、したがって、レンズの結像性能またはMTF(変調伝達関数)に対するかなり高い要求をもたらします。

Makro-Symmar、Micro-Symmar、およびApo-Componentsonレンズは、産業用マシンビジョンアプリケーション向けに設計されており、次世代12kラインスキャンアプリケーションの最も厳しい要件にも適合します。最良の方位角と逆方向のアプリケーションの識別は、それらが顧客指向の方法で展開できることを意味します。

Makro-Symmar、Micro-Symmar、Apo-Compononの様々なレンズバージョンは、特に定義され最適化された撮像領域を備えたすべての産業アプリケーション分野をカバーします。

Unifoc Series

Unifoc Series

ヘリカルフォーカスマウントUNIFOC 58とUNIFOC 76は、Schneider-Kreuznach拡大レンズをリニアおよびエリアCCDカメラと組み合わせて使用するために特別に設計されています。

この組み合わせにより、非常に高い画質の小さな物体を画像化することができます。

多くのマシンビジョンアプリケーションでは、数センチメートルの距離から小さな物体を撮像する必要があります。 Schneider-Kreuznach拡大レンズは、非常に低い歪みと組み合わされた小さなイメージング距離で高い光学性能を発揮するため、このアプリケーションに最適です。 大きなイメージサークル直径のため、レンズはリニアCCDカメラにも使用できます。

ヘリカルスマウントUnifoc 58とUnifoc 76は、内部焦点機構を含まない拡大レンズの焦点合わせに使用されます。 ヘリカルマウントは、25.7 mmの全フォーカス範囲(Z軸移動量)を提供し、リアマウントによってのみ異なります。 Unifoc58は、「maleオス」T2糸(M42×0.75)を有する。 Unifoc 76には、「maleオス」M58 x 0.75のネジがあります。 Unifoc76は、長いリニアCCDを搭載したカメラに最適です。

各UNIFOCには、M39×1にも適応可能な、内部に「femaleメス」のLeica取り付けネジ(φ39x 26 Gg、60°)があります。最終的なフォーカス設定は、ローレット式のつまみネジでロックし、さらに反対のアレンネジで固定できます。 ヘリカルマウントは、拡張チューブやアダプターを使用して、幅広いイメージングアプリケーションに容易に適合させることができます。

Macro Varon Series

Macro Varon Series

ウェブと表面検査の最高要求に合わせて設計されたビームスプリッターを備えた特別なレンズMacro Varonは、FPDとPCB検査システムの第一の選択肢です。

れらのアプリケーションでは、製造時のコスト効率の高いエラー検出とそれに関連する品質保証プロセスを保証するために、非常に高解像度のラインスキャンレンズが必要です。

高解像度カメラを使用する場合、理論的に可能なシステム性能を最適に利用するために、レンズが多くの場合、制限要因になります。 しかし、これらのレンズは、12kラインスキャンセンサーを使用するために特別に開発されています。

必要な光学倍率範囲では、これらのレンズは最新のセンサー生成の可能性をすべて活用しています。

テレセントリックシリーズ

テレセントリックシリーズ

マトリックスおよびラインスキャンカメラ用の両側テレセントリックレンズは、光学計測のレンズ性能の新しい標準を設定します。これらのレンズの画像面の絶対歪みはわずか数マイクロメートルです。

レンズは、±3 mmの範囲で画像側に焦点を合わせることができます。つまり、作動距離は、レンズ倍率を変更することなく、定義された範囲内で調整できます。したがって、レンズはアプリケーションのスペース条件に合わせて簡単に調整できます。

開口数が0.14または0.13であるため、これらのレンズの光強度は他の使用可能なレンズよりもかなり高くなります。統合されたアイリスにより、測定タスクの要求に合わせて簡単に設定およびロックできます。

 

フィルタ

産業用フィルターは、次の主要な機能によって特徴付けられます。

  • 再現性と信頼性
  • トップフラットネスと波面歪みにより、画像への影響を保証しません
  • 幅広い種類のフィルターとコーティング
  • 幅広い直径
  • 堅牢なメカニクス:金属マウント

UV-IR-Cut/ Protection Series

Schneider-Kreuznach UV-IRカットフィルターはVIS光を透過し、面倒なUVとIR光を遮断します。 これらのポピュラーなフィルタは、センサカバーガラスとして理想的です。

センサ特性に最適化された波長範囲の選択は、各アプリケーションに最適なフィルタを保証します。 UV-IRカットフィルターには、超低反射コーティングが付属しています。

保護フィルターは、センサー、レンズ、または完全な測定システムを保護するために使用されます。 ゲージグラスとして取り付けられることもあります。 多くの場合、Schneider-Kreuznach IFW 007 Eシリーズのように、標準的なARコーティングに適したVISを通過させるガラスです。 IF 010またはIF 489タイプとしてUVまたはIRのいずれかをカットすることも一般的です。 昼夜のシステムで使用される保護フィルターVIS-85は普及しています。

Bandpass Series

Schneider-Kreuznachのマグネトロンスパッタリングインダストリアルバンドパスフィルターは、安定したカットオフ波長とカットオフ波長で急峻な傾斜と高い透過率を示します。

非常に平坦な表面は、ハイエンド検査システムに理想的です。 Schneider-KreuznachバンドパスフィルタはRoHSに準拠しています。 カスタムサイズはご要望に応じてご利用いただけます。

Schneider-Kreuznachマグネトロンスパッタリング工業用狭帯域フィルタは、安定したカットオン波長とカットオフ波長で高透過と深いブロッキングの間の急峻な移行を必要とする洗練された用途に適した急峻な斜面を備えています。

Narrow Bandpass Series

Schneider-Kreuznachのマグネトロンスパッタ産業用狭帯域フィルターは、安定した カットオンおよびカットオフ波長での高透過率とディープブロッキング間の急激な移行を必要とする高度なアプリケーション向けの急勾配を備えています。

Shortpass Series

Schneider-Kreuznachマグネトロンショートパスフィルターは、安定したカットオフ波長で急峻な傾斜と高い透過率を示します。

これらのレンズは、交通や監視などの長い作動距離のアプリケーションに最適です。 非常に平坦な表面は、ファクトリオートメーションのハイエンドマシンビジョンシステムに最適です。 すべてのショートパスフィルターには、優れた反射防止コーティングが付いています。

Longpass Series

Schneider-Kreuznachマグネトロンスパッタリング工業用ロングパスフィルターは、安定したカットオフ波長で急峻な斜面と高い透過率を示します。

非常に平坦な表面は、ファクトリオートメーションのハイエンドマシンビジョンシステムに最適です。 すべてのロングパスフィルターには、優れた反射防止コーティングが施されています。 Schneider-KreuznachロングパスフィルターはRoHSに準拠しています。

Neutral Density Series

NDフィルタは、VISスペクトル全体にわたって光の透過率を均一に低下させます。 被写界深度(DoF)を変更せずに画像の明るさを低下させます。

NDフィルタは、一般的なネジサイズM 25.5〜M 67で取り付け可能で、27 mm〜74 mmのサイズでは取り付けられません。

Color Series

赤いフィルタはロングパスフィルタです。 IRパスフィルタは、IR光のみを透過するロングパスフィルタです。

カットオン波長は透過率50%で定義されます。 カラーフィルタは、スペクトル領域をスペクトル領域および照明色を分離することによって、モノクロ画像のコントラストを高めるために使用される吸収フィルタである。

IRフィルターも吸収フィルターです。 それらは、IRスペクトルのみが必要なNIRイメージング用のNIRセンサまたはイメージセンサの前で使用されます。 したがって、フィルタのタイプは、2つの主な要因、すなわち物体の色と照明に依存します。

Polarizer Series

自然光とほとんどの光源は、非偏光を放射します。 偏光子は、反射光によるグレアの低減を必要とする用途において、優れた解決策である。 直線偏光フィルタを通過する非偏光は、その後、フィルタの偏光軸の方向に直線偏光されます。

Schneider社は、B + Wブランドで円偏光子を提供しています。 円偏光子は、直線偏光子と1/4波長位相差板との組み合わせであります。 鏡のような光学系がフィルターからセンサーまでの光学的経路内にある場合には、これらは推奨されます。

Schneider-Kreuznach偏光子は、産業上の要求を満たすように設計されています。 それらは、保護ガラスの2つのスライドの間にセメント結合されたダイクロイック積層偏光ポリマーから作られています。

さらに、より大きなサイズやカスタマイズされた形状、柔軟なソリューションのために偏光フィルムを提供しています。 偏光フィルムは、長鎖ポリマーからなり、偏光効果を生じるために延伸プロセスによって整列されます。 偏光フィルムは保護のためにセルローストリアセテート(TAC)で両面が覆われているため機械的に安定であります。