ローディング中

J.カスタルチアのギターはいかがですか

そのすんだ音響と響き、高音の伸びと豊かな低音のバランスが絶妙のギター。

高中音域での音質がきれいで、音の分離が非常によく、古典から現代曲まで幅広いジャンルに適した最高級ギター。

ヘッダートップを表示させるボタン

 
  

Newsight imaging社(ニューサイト・イメージング社)

Newsight imaging社は、イスラエルのネス・シオナに本社を置いています。

同社は、上海近郊の嘉善サイエンスパークにオフィスを構え、中国でのビジネスをサポートおよび開発しています。

>Newsight imaging社

Newsight Imaging社は、次の業界向けに高度なCMOSイメージセンサーチップを開発しています。

自動車
ーマシンビジョンとレーザーLiDAR(光検出および測距)ベースの自動運転車用デバイス
ロボット工学
–ロボットアプリケーション用のCMOSセンサーソリューション
バーコードスキャナー
-1Dおよび2Dを読み取るバーコードスキャナーデバイス用のセンサーベースのチップ
AR / VR
–拡張現実(AR)および仮想現実(VR)市場のニーズに合わせて特別に設計されたセンサー

Newsight imaging社は、信頼性が高く、正確で、ポータブルで、手頃な価格の3Dイメージセンシングの提供を専門としています。

Newsight imaging社のNSI3000センサーは、異なるサイズのピクセルの行を採用する、短距離LiDARアプリケーション用に特別に設計されています。

  

Line Sensors

NSI3000-CMOS Image Sensor Chip

NSI3000-CMOS Image Sensor ChipNSI3000-CMOS Image Sensor Chip

NSI3000ラインセンサーチップは、マシンビジョンアプリケーション用に設計されています。 これは、それぞれ2048ピクセルの8行で構成され、そのうち4行は4µm x 8µmピクセルで、4行は4µm x 4µmピクセルです。 大きなピクセルをビニングすると、超高感度が得られますが、小さなピクセルを使用すると、8192ピクセルの効果的な解像度で、低消費電力でコンパクトなサイズの細かい信号が得られます。

NSI3000は、プログラム可能な高速フレームレート速度をサポートし、イベントに対するより良い分析と反応を可能にします。

センサーはCMOSテクノロジーで製造されており、非常に高感度のピクセルを備えています。 高感度により、センサーは多くのアプリケーションでより高価なCCDセンサーを置き換えることができます。

ピクセル出力インターフェース
パラレル同期出力、構成可能。
シリアルインターフェース
I2c +独自仕様

データシート

  • 8行:4行の高さのピクセル(4×8ミクロン)および4行の正方形のピクセル(4×4ミクロン)
  • 仮想1x8192解像度、高感度(アナログビニングによる効果的な8x16サイズのピクセル)
  • 統合された構成可能な8〜12ビットのダイレクトA / D、並列の10〜12ビットのデジタル出力
  • 統合バンドギャップリファレンス
  • 出力速度は最大80 MHz
  • 固定パターンノイズ低減のための統合CDS
  • 周囲光の減算
  • 複数の読み出しモード
  • プログラミングによる直接ピクセル制御
  • 異なる行のビニング
  • 高フレームレートのダブルバッファモード
  • 最大40,000 fpsのプログラム可能なフレームレート
  • A / Dへの外部入力を含む、オンボードテストモード機能
  • 単一電源3.3ボルト
  • 感度:90V /ルクス秒
  • 消費電力– 0.072W(条件:7.5MHz、3.3V、23°C)
  • パッケージ:40pin LCC

NSG3500 – Sense and Process

NSG3500 – Sense and ProcessNSG3500 – Sense and Process

NSG3500は、画像処理機能を備えた2番目のラインセンサーあたり40,000のスマートフレームです。

NSG3500は自己完結型のラインセンサーであり、それ自体をリセットし、それ自体を構成し、さまざまな可能なインターフェイスを使用してビジョン処理データの送信を開始します。

内部の低消費電力プロセッサ(Cortex M4)は、標準の開発キット(Keilなど)を使用してプログラミングでき、GPIOポートを使用してシステムを管理できます。

NSG3500は、Newsight Imaging LtdによるNSI3000の機能と、STMicroelectronics LtdによるSTM32L431CBの機能を統合しています。

FPUプロセッサを搭載したArm®Cortex®-M4は、組み込みシステム向けの最新世代のArm®プロセッサです。 MCU実装のニーズを満たす低コストのプラットフォームを提供するために開発され、ピン数が削減され、低消費電力でありながら、卓越した計算パフォーマンスと割り込みに対する高度な応答を提供します。

FPU 32ビットRISCプロセッサを搭載したArm®Cortex®-M4は、並外れたコード効率を特徴とし、通常8ビットおよび16ビットデバイスに関連するメモリサイズでArm®コアに期待される高性能を提供します。プロセッサは一連のDSP命令をサポートし、組み込みのArm®コアで効率的な信号処理と複雑なアルゴリズムの実行を可能にします。

STM32L431xxファミリはすべてのArm®ツールとソフトウェアと互換性があります。

データシート

  • 2Kの有効な8×16 µmピクセル(実際の4行4×16)
  • 8Kの有効な4×4 µmピクセル(実際の4行4×4)
  • 最大40Kフレーム/秒
  • 最大80 MHz
  • パワーオンリセット
  • 超低電力Arm®Cortex®-M4
  • 128Kフラッシュメモリ
  • 64K RAM
  • 273.55CoreMark®(3.42 CoreMark / MHz @ 80 MHz)
  • USART
  • I2C / SPI / GPIO 10ビット
  • 14チャネルDMAコントローラ
  

Area Sensors

NSI1000 – 1K CMOS Image Sensor Chip

NSI1000NSI1000

NSI1000エリアセンサーチップは、マシンビジョンセンサーのNewsight Imagingファミリの低コストソリューションです。 NSI3100に基づいて、NSI31000の完全な解像度を必要としないRobotics LiDARやAR / VRなどのアプリケーション用に設計されました。

センサーは、32行x 1024ピクセルと、さらに4行x 1024ピクセルで構成され、アナログビニングされて超高感度マトリックスを形成します。 NSI1000はプログラム可能なフレームレートをサポートしています。

マルチライン三角形分割; 近くのオブジェクトからの飽和を避け、遠くのオブジェクトへの感度を高める自動露出制御。 三角測量の自動ピーク検出およびフレームごとの構成により、イベントへのオンザフライの反応を可能にします。

センサーはCMOSテクノロジーで製造されており、非常に高感度のピクセルを備えています。 高感度により、センサーは多くのアプリケーションでより高価なCCDセンサーを置き換えることができます。

ピクセル出力インターフェース
並列で構成可能な同期出力
シリアル、同期、ピーク値およびインデックス
シリアル設定インターフェース
I²Cおよび独自のI / F

データシート

  • 32 x 1024ピクセルのマトリックス(4μmx 8μm)
  • 有効解像度が1行x 2048の4 x 1024の超高感度ピクセルアレイ(アナログビニングによる)
  • 統合された構成可能なダイレクトA / Dコンバーター、並列10ビットのデジタル出力
  • フレームごとの構成とシナリオスケジューラ
  • オプションの自動露出制御
  • ラインごとにオプションの自動三角測量ピーク検出
  • ソリッドステートeTOFサポート(拡張飛行時間)
  • マルチライン三角形分割のサポート、最大32の同時垂直ポイント(ラインレーザーを使用)
  • 統合バンドギャップリファレンス
  • 固定パターンのノイズ低減のための統合CDS
  • 最大100 MHzでの出力速度/内部処理
  • 最大50,000 fps(ライン)および3,000 fps(アレイ)までのプログラム可能なフレームレート
  • オプションのフレームクロックのシャットダウン(フレーム間)により、消費電力を削減
  • オプションのフレームデータ出力反転
  • 高フレームレートのダブルバッファモード
  • 周囲光減算サポート
  • 連続またはシングルフレームキャプチャモード
  • 複数の並列センサー接続用のデータ出力ピンのトライステート
  • デュアル電源:3.3v(アナログ)および1.8v(デジタル)
  • 感度:60V /ルクス秒
  • 消費電力:58mW
  

SpectraLIT™

SpectraLIT

SpectraLIT™は、Spectrometer on Chip NSP2020用のNewsightの評価キットです。 NSP2020は小型サイズのチップで、400~700 nmの波長の光強度を検出し、各波長の光強度を表す1024の12ビットデジタルベクトルを提供します。 1024ベクトルはテストされた物質の高解像度スペクトルプロファイルの作成を可能にします。

NSP2020は、毎秒最大40,000のスペクトルプロファイルを取得できる高速デバイスであり、テストした材料のスペクトル特性の超高速分析を提供します。

組み込みCortex M4 MCUによって実行されるSpectraLITは、Windowsベースのデモソフトウェアによって制御され、吸光度スペクトルシグネチャの取得、表示、および分析を可能にします。

SpectraLITは、上部の蓋で覆われたスライドから簡単に挿入できる標準のキュベットを使用しており、外部の周囲光から被験物質を完全に分離します。

特別に開発されたアルゴリズム、SpectraLITシステムを使用して、試験された物質のスペクトルプロファイルをプロファイルと比較できます。

ローカルまたはリモートのデータベースに保存され、SpectraLITによって以前に分析された検出材料を可能にします。

主な特徴:

  • 単一スペクトルプロファイル取得
  • バッチ取得
  • マッチングテスト
  • 検索テスト
  • 署名のズームイン/ズームアウト
  • 動的または固定グラフ軸
  • スペクトルプロファイルデータベース
  • 参照設定
  • 光時間とフレーム平均化の設定
  • 表示された曲線フィルタリング
  タイプA タイプB
型番 NSP2020EVKA NS02020EVKB
記述 SpectraLIT評価キットA SpectraLIT評価キットB
機械寸法 L-100mm,W-75mm,H-80mm L-100mm,W-65mm,H-74mm

簡易カタログ

SpectraLIT™️Type B

SpectraLIT™️Type Bは、Newsight imaging社のスペクトルチップNSP2020に基づく開発キットです。

これにより、波長が400~700 nmの物質のスペクトルプロファイリングが数秒で可能になります性能

次世代のSpectraLIT™️は、400~1100 nmの波長をサポートできます。

このキットにより、診断および分析会社は、ポータブルで低コストの診断デバイスを市場に迅速に導入できます。 SpectraLITは、テストされた物質のスペクトルプロファイルを表示、分析、および保存するWindowsベースのデモソフトウェアによって制御されます。

主要性能

  • 高解像度
  • 低価格
  • 1秒あたり数千のスペクトル取得
  • 移植性